はっちゃんの日常

硫黄濃度日本一。「万座温泉」が人気の理由!

こんにちは!

はっちゃんです。

秋が深まってきて、少しずつ冬が近づいてくるなぁと感じる今日この頃です。

私は温泉が好きで、疲れたときにふらっと温泉地へ出かけ、
体をリフレッシュさせています。
温泉に入ると身も心もリセットされ、また明日から頑張ろう!という清々しい
気持ちになることができます。

ということで、先日行ってきました温泉地についてのお話をしたいと思います。

今回私が訪れた場所は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある「万座温泉」です。

今回は日帰り入浴を楽しむべく、険しい山道をドライブしながら
山奥にある温泉地を目指しました。

到着し、車を降りてみると・・・

高地ということもあり、気温は2℃という寒さ。
さらに、硫黄の臭いが一気に押し寄せ、鼻がツンとしました。

さすがは硫黄濃度日本一の温泉というだけあります。
温泉郷全体が硫黄の臭いで充満し、
山の斜面の至る所から煙がモクモクと上がっていて、
ついに来たな!と実感することができ、とてもワクワクしました。

では最初に、今回訪れた「万座温泉」についてご紹介します!

1.万座温泉とは

「万座温泉」は、緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中の高山温泉郷で、
標高1800mに位置している高地温泉の一つです。

現在、2,986か所の温泉地がある温泉大国日本ですが、
標高1000mを越える高地温泉は全国に40数箇所しかなく、
その中でも万座温泉は、トップクラスの標高を持つ山岳温泉です。

源泉は硫黄泉で約80度の高温。
湧出量は1日に540万リットルに達しています。

万座温泉は硫黄濃度日本一の温泉地で、
古くから湯治場として多くの湯治客に利用されてきました。

 

豊富な湯量に恵まれ、源泉は20種類以上あると言われています。
適応症も多彩で、呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病に効能があるようです。
難病を治したというエピソードも数多く伝わっている、
まさに名湯といえる温泉です。

さらに美肌効果も期待できることから、
女性にも圧倒的な人気を誇っています。

源泉は、

・姥湯(湯畑)
・大苦湯
・錫湯
・鉄湯
・苦湯
・ラジウム北光泉
・法性の湯

などがあり、温泉郷内のお風呂を巡りながらさまざまなお湯を
楽しむことができるのも、万座温泉の魅力の一つです。

2.万座温泉はなぜ女性に人気があるのか?

万座温泉が女性に人気の理由、それは美肌効果があるからです。

実際に入ってみると、硫黄の効果で肌はスベスベになり、
それは温泉を出た後も続きました。

保湿剤や保湿クリームは一切必要ないほどで、
その美肌効果にはとても驚きました。

そんな万座温泉の美肌効果ですが、
調べてみると3つの効果があることがわかりました。

①濃厚な硫黄効果
硫黄に含まれる硫化水素成分は毛細血管の拡張作用があることから、
末梢循環がよくなり、代謝促進作用が期待できます。

肌の血行がよくなれば、滞りがちなメラニンの代謝も
サポートされますので、 繰り返し入ることでシミ・くすみ対策も期待できます。
また、体の細部にまで伸びている毛細血管の血の流れがよくなれば、
酸素や栄養も順調に供給され、滞りがちな老廃物は運び出されて、
クリアな美肌へ導いてくれます。

②高地温泉効果
万座温泉は標高1800mに位置し、山岳気候に属するロケーションです。
標高が1000mを超えると心拍数が変化し、血の巡りが良くなってきます。

高地で温泉に入ることで、さらに血行を促進することができます。
それにより代謝を良くして、肌の新陳代謝を上げることで、
美肌へと導くことができます。

③多様な温泉成分による効果
万座温泉の魅力といえば、
絶景露天風呂の宝庫だということです。
そしてそれぞれの温泉が別々の源泉をさまざまな形で
使用しているので、そこで出会えるお湯もさまざまです。

つまり、泉質名は同じでも、
それぞれ微妙に成分のバランスが異なるということです。

その成分の違いを「体感」すること、それぞれの露天風呂から眺める景色や
刻々と変化する自然の恵みを楽しむことで脳内ホルモンを活性化させ、
キレイと健康を手に入れることができます。

いざ、万座温泉「日進館」へ行きました。

今回私は、日帰り入浴で万座温泉旅館「日進館」を訪れました。
日進館を選んだ理由は、万座温泉郷の中で最も歴史が古く、
情緒ある雰囲気と露天風呂が人気だからです。

 

特に、本館とは別棟にある露天風呂「極楽湯」は、
天空に一番近い露天風呂として有名です。

ということで、到着後すぐに入浴申し込みを済ませ、早速「極楽湯」へ!

 

本館から歩いて3分ほどのところにポツンと小屋の入り口が現れました。

「極楽湯」と書かれた入り口は、なんとなくジブリの世界を感じさせる
佇まいです。

 

入り口に入るとすぐに「男湯」「女湯」に分かれます。

極楽湯は露天風呂しかなく、洗い場などはありませんので、
全体的にはこじんまりとした感じです。

脱衣所で荷物を置き、準備ができたら。
いざ、露天風呂へ!!

 

と思いきや、なんと露天風呂まではトンネルのような廊下を通ります。
神秘的な雰囲気で、さらに露天風呂が楽しみになります。

そしてトンネルを抜けると・・・

 

これが、天空に一番近い露天風呂といわれる「極楽湯」です。
周囲を見渡せる大パノラマで、お湯に浸かりながら万座温泉郷の景色を
思う存分楽しむことができました。

時間帯によっては朝焼けや夕焼けを眺めることができたり、
夜は満天の星空を眺めながら湯治が楽しめるそうです。

 

流れ込む源泉は流入量が多く、そしてかなり熱いです。

露天風呂内の湯温は、少し高めで42℃ぐらいでした。
硫黄濃度は日本一というだけあって臭いもすごいですが、
入った瞬間から肌がツルツルになるほどの効果でとても驚きました。

あぁ幸せ~✨
と心から思いました。笑

のぼせない程度に露天風呂を楽しんだあとは本館に戻り、
今度は内風呂を楽しみました。

 

こちらは大浴場の「長寿の湯」

・オーソドックスなお風呂(苦湯)
※お湯が苦いわけではない。

・露天風呂(姥苦湯、笹湯)

・打たせ湯(滝湯)

・源泉100%の湯(姥湯)

・万座の湧き水を温泉の熱で温めたお湯(真湯)

6種類のお風呂がありました。

内風呂のすぐ横に全面ガラス張りの窓があり、
そこから景色を望むこともできます。

大浴場内は床も壁も天井も、すべて天然木で作られており、
木の匂いと硫黄の臭いでかなり癒されました。

日進館には、他にも温泉がありますが、今回は入ることが
できなかったので、次回リベンジしたいと思います!

一応紹介まで。

 

こちらは、「万天の湯」

浴槽には天然の檜を使い、新しくも古き情緒を感じさせてくれるお風呂です。

また、窓も広いので、景色を楽しみながらお風呂に入ることができる
ようです。

 

こちらは、貸切風呂の「円満の湯」

ご夫婦やご家族で、檜の香りを楽しめるプライベート空間として人気の
貸切風呂です。

予約は、当日の到着後のみとなっています。

「円満の湯」利用情報

利用時間:7:00~22:00
利用料金:45分¥2,000税込

 

今回は、「万座温泉」についてレポートしました。

今回もとても充実した旅となりました。
こうやって、たまに贅沢を楽しむ人生も良いものですね。

これからもいろんな場所に訪れ、色々な経験をして、人生を豊かにするために、
一生懸命努力して結果を出していきたいと思います!

 

私のブログを見ていただいた方限定で、

無料の高性能FX自動売買システムツールをご紹介しています。

是非、LINEの友達登録をお待ちしています!

友だち追加

▼無料の高性能FX自動売買システムツールの詳細はこちら▼

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しいとおもっています。

そのために、私自身も日々精進し、より良い情報を発信していけるよう努力して参ります!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!