FX

【投資】FXで稼げる人と稼げない人、どこに違いがあるのか?

こんにちは!

はっちゃんです。

今回は、「FXで稼げる人と稼げない人は何が違うのか?」
ついてお話します。

1.FXで稼げる人と稼げない人 基本スキル編

最初に、基本スキルとして「稼げる人」「稼げない人」で、
FXへの取り組み方でどんな違いがあるのかを、お話します。

①独学でやらない

稼げる人 : 成功者のやり方を真似る

稼げない人 : 自己流で取り組む

これは、FXに限らずビジネス全般においても言えることになりますが、
稼げない人は自分の力だけでなんとかしようとします。

それは、なぜでしょうか?

それは、目先のお金だけを守りたいと思ってしまい、
長期的な視点でのお金を考えていないからです。

私たちは大人になってくると、
何かを新しく学び、知識やスキルを得ようとする時、
多くの場合はお金を払う必要があります。

しかし、「稼げない人」はそれがもったいないと思ってしまい、
結果として望ましい成果を得られず、かえってマイナスが
増えてしまうということになります。

「お金を払って学べば、成果が出やすい」と頭ではわかっていても、
目先のお金を失いたくないという考えでブレーキがかかり、
お金のかからない、自分ですべてやるという選択をしてしまいます。

投資には必ず「リスク」があります。
なのでFXを始めた時点で、常にリスクを取ってリターンを
得ようと行動しているのに、自分の知識やスキルを
上げていくという行動はできない・・・

これが「稼げない人」の特徴です。

では、「稼げる人」はどうでしょうか?
こちらは逆に、知識やスキルを上げるために積極的に自分へ投資していきます。

「もし失敗したらどうしよう」
「もし何も身に付かなかったらどうしよう」

むしろそれで良いのです。
なぜなら、失敗の経験をお金にすることができると考えているからです。

ほとんどの人は、「できれば失敗したくない」と考えていますし、
世の中を見ても、「成功する方法」の情報は目にすることが多いですが、
「失敗する方法」の情報はほとんど目にしません。

多くの人が考える、「できれば失敗したくない」というのは、
言い換えると「失敗した経験談」を聞きたいということです。
あらかじめ失敗談を聞ければ、その失敗は回避することが
できますからね。

そのことを「稼げる人」は理解しているので、
自分から積極的に知識やスキルに投資をして、経験を得るための
努力をしていきます。

 

②自分の決めたルールを破らない

稼げる人 : 自分のルールや必勝法があり、それを徹底して守る

稼げない人 : 自分のルールが感情や環境に左右される

FXにおいて、自分の中でトレードのルールを決めて、それをしっかり守る
ことで利益をあげていくことができます。

「稼げない人」は、自分のルールを決めたとしても、
そこに感情が入ってしまいます。
それによって、ルールではなく感情に左右され…
相場が動けば相場に左右され…

というように安定したトレードができなくなります。
結果として、損を増やしてしまうということになります。

「稼げる人」は、自分の決めたトレードルールには一切の
感情や外的要因を持ち込みません。
徹底してルールを守り抜くことで、自分なりの必勝法を生み出し、
安定したトレードで安定した利益を出すことができます。

 

③徹底的に自己分析をする

稼げる人 : 数値・感情の分析をする

稼げない人 : 数値の分析のみ、する

自己分析をするということは例えば、

・自分の勝ちパターン
・自分の負けパターン
・勝率などの数値分析

などをしっかりと分析することです。

併せて、トレード時の自分の感情をしっかりと把握しておくことも重要です。

人は「感情」の生き物なので、その日によって気分が上がったり、
下がったりすることもあります。
また、トレード時も相場の状況によって気持ちが揺らぐこともあります。

しかし、どんな状況でも自分の感情を客観的に確かめることができれば、
感情的なミス(いつもならしないようなミス)は無くすことができますし、
経験が増えてくれば、トレード前にミスを防げたり、
調子を上げることもできます。

2.FXで稼げる人と稼げない人 テクニック編

では、実際のFXトレードを行う上で
「稼げる人」「稼げない人」は何が違うのでしょうか。

・相場の見極めができるか

FXの相場には2種類あり、
①トレンド相場
②レンジ相場

というものがあります。

この2つの相場を見極めることができるかできないかで
FXで稼げるか稼げないかが決まります。

①トレンド相場について

「トレンド」には以下の2種類があります。

上昇トレンド
・相場の流れが上昇方向に傾いている状態
・直近の高値と安値が一緒に切り上がっていく
・上昇トレンド中は相場が上がっていくと予測して
「買いエントリー」していくと利益になりやすい

 

下落トレンド
・相場の流れが下落方向に傾いている状態
・直近の安値と高値が一緒に切り下がっている相場
・下落トレンド中は相場が下がっていくと予測して
「売りエントリー」していくと利益になりやすい

②レンジ相場について


レンジ相場
は、値幅が一定の範囲で上昇と下落を繰り返す状態の
相場のことをいいます。

「稼げない人」は読みにくいレンジ相場で手を出してしまい、
負けてしまうことが多いです。

逆に「稼げる人」は相場を的確に見極めて、トレンド相場とレンジ相場を
上手くコントロールしていきます。

・時流に乗ったトレードができるか

相場というものは常に動いており、上昇し続けたり
下降し続けるということは基本的にありません。
なぜなら、相場には機関投資家の調整が入るためです。

価格が上がりすぎた場合は、下げる方向に調整したり、
要人発言により意図的に
調整したりということもあります。

そんな相場において、「稼げない人」は特に考えずに
ポジションをたくさん持ってしまう傾向があります。

これを「ポジポジ病」(ポジとはポジションのこと)と呼びます。

「稼げる人」はポジションを持ちすぎるということはありません。
稼ぐために時流に乗る場所を的確に判断し、
一瞬の迷いもなくポジションを持ちます。

稼ぐためには、時流と相場の見極めがとても重要になります。

・損切りができるか

FXに限らず、投資全般について言えることですが、
100%の必勝法というのはありません。

なので、負けることもありますが、その負けを受け入れることも
最終的に

勝つためには必要になります。

 

では、ここで一つ質問です。

もし、相場が自分の思った方向と違う動きをした場合、あなたならどうしますか?

「稼げない人」 : 大きな負けを取り返そうと感情的になり、無謀なトレードをする

「稼げる人」 : 損切りを確実におこなっていく

損切りとは、損失が出ているポジションを解消し、損失を確定させることです。

つまり、先ほどお話した「負けを受け入れる」ということにつながります。

損切りを行うということは、自ら損失を確定させ、
負けを認めることになるので、なかなか勇気がいる行動です。

しかし、損切りをおこなうことで、損失の拡大を防ぐことができます。
それにより、負けを小さくして勝ちを積み重ねていくことができる
ので、長期的な視点で考えると確実に利益を出していくことができます。

3.まとめ

今回はFXで「稼げる人「稼げない人」の違いについてお話してきました。

トレードにおいて、大きな利益を出していくためには、
リスクヘッジと負けを受け入れることが大切になってきます。

また、自分のルールをしっかりと持ち、徹底して守ることで、
感情に左右されないトレードを行うことも大切ですね。

しかし、相場を読むスキルについては、初心者から
いきなりできるものではありません。
さまざまな分析方法を勉強したり、トレードの経験を増やし、
時には失敗を経験することで、少しずつ身に付いてくるものです。

なのでこれについては、
焦らずにコツコツと取り組んでみましょう。

 

この記事を参考にしていただき、あなたの投資ライフに少しでも
役に立てたらとても嬉しいです。

 

今後も様々な、「価値のある情報」をアップしていきます。

その中で気になることがあれば、LINEで質問や相談も受け付けております!

是非、お友達登録お待ちしています。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

また、LINEにご登録いただければ、他にもにもさまざまな
ビジネスの優良案件をご案内することもできます。
さらに、LINE限定での有益な情報や限定プレゼントも配信していますので、
この機会にぜひ登録してみてください!

4.おわりに

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しいとおもっています。

そのために、私自身も日々精進し、より良い情報を発信していけるよう努力して参ります!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!