FX

【FX】テクニカル分析の基礎知識

こんにちは!

はっちゃんです。

今回は、FXで使う分析方法についてお話していきます。

FXの取引では、相場の予測を立てる上で、
様々な角度から分析を行うことはとても重要です。

その理由は、一つの指標結果や感覚で安易にトレードをすると、
相場の方向性を見誤り損失に繋がることがあるためです。

そこで、代表的な分析方法として
「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」がありますが、
今回は「テクニカル分析」について詳しくお話していきます。

注意点として。

この2つの分析方法に優劣はありません。
それぞれの特性を理解することで相場に合った分析が
できるようになることがFXで勝ち続けるためにとても重要です。

1.テクニカル分析とは

テクニカル分析は、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の
取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法です。

主に過去の価格推移を元にして相場を予測するため、
過去の値動きを示すチャートを用いて分析します。

その理由は、価格推移を元にするテクニカル分析には
「過去のパターンが繰り返される可能性が高い」との考え方が

根底にあるため、似たようなパターンを探して
相場予測を立てる方法が用いられます。

2.テクニカル分析の特徴

テクニカル分析は、
「分析した結果が比較的早い段階で結果として現れる」ということです。
そのため、短期的なトレードを行う場合には向いている手法といえます。

3.テクニカル分析の種類

 

テクニカル分析には
「トレンド系」「オシレーター系」があります。

トレンド系は、相場の動く方向を分析する方法です。
為替相場はほとんどの場合、細かい上下運動を繰り返しながら、
一定方向に向かっていく特徴がありますので、この流れを捉え、
それに乗っていくための分析をしていきます。

オシレーター系は、現在の価格が買われ過ぎなのか、
もしくは売られ過ぎなのかを判断するための分析方法です。

トレンド系、オシレーター系にはさらにいくつか種類がありますので、
いくつか挙げていきたいと思います。

①トレンド系の種類

・移動平均線
一定期間の平均価格を計算し、算出した平均値を連続させて相場の方向性を見やすく
したインジケーターです。
テクニカル分析の中で最もポピュラーで基本的な分析方法です。

・一目均衡表
買いと売りの均衡が崩れた際の大きな動きを一目で把握することを目的としています。
相場のバランスを見ながら、いつ相場が変化するのか、いつ目的値が達成されるのか、
など「いくら」よりも「いつ」を分析することに特化したテクニカル指標といえます。

・ボリンジャーバンド
相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から
価格の変動範囲を予測してチャート上に表示するテクニカル指標です。

②オシレーター系の種類

・RSI
RSI(The Relative Strength Index)は相対力指数という意味で、
分析期間の上げ幅と下げ幅のうち上げ幅が何%なのかを表し、
「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して、
相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標です。

・MACD(マックディー)
Convergenceは収束、Divergenceは発散・拡散を意味していて、
MACDの日本名は「移動平均収束拡散法」です。
2本の移動平均線をもとにしたテクニカル指標で、単純な移動平均線よりも
わかりやすい売買シグナルを提示してくれます。

使用する移動平均線として、MACDラインとシグナルラインの2本のラインを用います。

MACDラインは、長短2つの移動平均線の差を1本のラインで表しており、
シグナルラインは、MACDラインの値をある期間で平均したものです。
この2つのラインを組み合わせることにより、売買のタイミングを計ります。

またMACDの特徴は、値動きを追うよりも早く相場の転換点を
分析できる点にあります。

・ストキャスティクス
過去の一定期間の値動きの中で、現在どの水準で推移しているかで
相場の状況を分析するテクニカル指標です。

主に価格の勢いを分析し、勢いが鈍くなり、
相場が反転しているタイミングを探る場合に用いられます。

4.テクニカル分析のメリット

①相場の値動きを視覚的に理解できる
テクニカル分析は、チャートの形状やテクニカル指標の値を根拠にトレードを行います。
チャートというのは、過去のデータを見やすく、
わかりやすくするためにグラフに起こしたものです。

つまり、単純に見やすく、感覚的に理解しやすいというメリットがあります。
それにより、トレードの見極めも早く行うことができ、
判断遅れによるタイムラグを減らすことができます。

②経済や金融に関する知識が深くなくても分析ができる
テクニカル分析は、過去のチャートから相場の動きを予測する分析なので、
経済や金融に関する知識が深くなくても問題ありません。
チャートやそれぞれのテクニカル分析に関する知識があれば、
分析を行うことができます。

③情報の信頼性が高い
テクニカル分析では、過去のデータであるチャートなどの指標を使って分析を行います。
過去のデータは、どこで誰が見ても同じであり、情報が歪曲されることもありません。
また、分析対象であるチャートに人間の意思が入ることはありません。

つまり、情報の信頼性や正確性が高いということです。
正確な情報(チャート)を基にして今後の値動きを予想できるのは、
テクニカル分析の大きなメリットです。

④情報をリアルタイムで知ることができる
チャート情報は、常にリアルタイムで更新されていきます。
そしてその情報を1秒でも早く得ることができれば、トレードも有利になります。

テクニカル分析では、過去のデータやチャートの指標を使い分析を行いますが、
チャートは経済指標と違い、情報伝達スピードのラグがなく、リアルタイムで
情報を得ることができます。

5.テクニカル分析のデメリット

情報が多く騙されやすい
テクニカル分析は、一見するとシンプルなチャートに見えますが、
実はさまざまな見方や手法が存在し、情報量も多いといえます。
そのため、トレード時に本来そこまで重要ではない動きに惑わされたり、
いつもと違うトレードをしてしまったりなど、迷いが生じてしまうことも
あります。

さまざまな見方や手法、多くの情報がある中で、自分に合った方法を見つける
ためには、テクニカル分析について勉強することが必要になります。

②重要な経済指標を見逃してしまう
テクニカル分析のようにチャートや過去のデータに注目して
分析を行うと、経済指標の具体的な情報が入ってくることはありません。

特に、チャートだけを見ていては重要な経済指標を元にした急な値動きに
対応しづらくなります。
重要な経済指標は、その情報を元に価格が大きく動くことも多々あるので、
その情報をリアルタイムで知ることができないのはデメリットの一つです。

ただ、ネットで検索を行うと各証券会社などから「経済指標カレンダー」
というものがリアルタイムで配信されているので、そこから経済指標の
情報を仕入れていくことで、対応はできるでしょう。

参考として↓↓
https://www.moneypartners.co.jp/market/schedule/

③手法が多く、使いこなすのが難しい
テクニカル分析は、先ほど紹介したトレンド系やオシレーター系のように
さまざまな分析方法があります。

それらを上手に使いこなし、相場に合わせた分析方法を確立していく
というのはとても大変です。
一体どの方法が自分のトレードスタイルに合っているのか…

たくさんある分析方法から、自分に合った優位性のあるトレード手法を
見つけていくためには、やはりテクニカル分析についての勉強は
欠かせません。

6.おすすめのテクニカル分析法

ここまで、テクニカル分析には多くの分析方法があるという事をお話しました。

多くの分析方法があるということは、さまざまな相場に対応できる
というメリットがありますが、逆に最初にどの方法を選べば良いのか
迷ってしまうというデメリットもあります。

そこで、特に初心者の方におすすめしたい方法があります。

それは、「ローソク足チャート」です。

ローソク足チャートとは

FXチャートにおいて最もよく使われるチャートであり、
始値、高値、安値、終値の4本値の値動きを時系列に沿って表示したものです。

ローソク足には、1日や1週間、1ヶ月などの単位期間を定め、
1日単位を「日足(ひあし)」、1週間を「週足(しゅうあし)」、
1ヶ月を「月足(つきあし)」と呼びます。

ローソク足チャートはチャート分析における基本となります。
なのでまずは、さまざまなテクニカル指標を使うよりも、
基本であるローソク足チャートの動きを見て、自分なりに研究してみる
ことが、分析力向上のために有効であるといえます。

※ローソク足チャート自体を分析することを
「プライスアクション」といい、あらゆるテクニカル分析の中でも
非常に精度の高い分析が可能な方法の一つです。

7.まとめ

ここまで、テクニカル分析についてお話してきました。

簡単にまとめると、

・テクニカル分析にはさまざまな種類がある

メリット
相場の値動きを視覚的に理解できる
経済や金融に関する知識が深くなくても分析ができる
・情報の信頼性が高い
・情報をリアルタイムで知ることができる

デメリット
・情報が多く騙されやすい
・重要な経済指標を見逃してしまう
・手法が多く、使いこなすのが難しい

・さまざまなテクニカル指標を使うよりも、
まずは基本である「ローソク足チャート」を使いこなしていく

テクニカル分析について、知識やスキルが上がってくれば、
さまざまなテクニカル指標を組み合わせて、自分に合った方法で
優位性のあるトレードができることが、最終目標ですね!

 

今後も様々な、「価値のある情報」をアップしていきます。

その中で気になることがあれば、LINEで質問や相談も受け付けております!

是非、お友達登録お待ちしています。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

また、LINEにご登録いただければ、他にもにもさまざまな
ビジネスの優良案件をご案内することもできます。
さらに、LINE限定での有益な情報や限定プレゼントも配信していますので、
この機会にぜひ登録してみてください!

8.おわりに

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しいとおもっています。

そのために、私自身も日々精進し、より良い情報を発信していけるよう努力して参ります!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!