FX

【FXの基礎知識】自動売買システムで目にする用語を解説

こんにちは、はっちゃんです。

今回はFXの基礎知識として、
自動売買システムでよく目にする用語について
お話していきたいと思います。

1.損切り

損切りとは、「損を承知の上で決済を行い、取引を終える」ことです。
ストップロスと呼ばれることもあります。

 

日常の生活で考えてみるとわかりやすいのですが、

例えば

・風邪の引き始めに、早めに病院に行けば会社を休まなくて済む。
・家の修理で、雨漏りがひどくならないうちに修理をする。

といったことです。

つまり、ひどくならないうちに早めに対応するということです。

損切りができるかどうか。
これが投資の世界では利益を上げるための最大のポイントになります。

それはなぜか。
人間は希望的観測に支配されやすく、たとえ損が出ていても
「もう少し待てば戻るかも」と期待してしまいます。

それによってズルズルと損が拡大し、最終的には取り戻せないほどの
損失を抱えてしまうこともよくある話です。

FXでは、負けないことが大切なのではなく、トータルで勝つという考え方が
大切です。
そのためには、「損をできるだけ小さくする」ことが重要です。

2.ロット

ロット(Lot)は単位・まとまりを意味し、
FXでは外貨を決められた一定の数量で取引する仕組みです。

ロットがなぜ使われるのか。
それは、取引通貨の桁数が多くなる際のミスをなくすためです。

例えば、
最低取引数量が「1万通貨から」というFX会社で取引をする場合は、
最低でも「10,000通貨分」の取引をする必要があります。

その際、注文時に「0」入力でミスが増え、桁数が変わってしまう
可能性があります。

なので、1万通貨の取引であれば1ロットと記入することで、
入力のミスをなくすことができます。

ロットは「10,000→1」のように「単位をまとめる」際に使用します。

基本的には、「1ロット=1万通貨」と定義されていますが、
1ロットがいくらかは扱う通貨ペアやその時点での為替レートによって
異なります。

・為替レートが変動した際のロット数による損益の違い

1pipsの変動 10pipsの変動 100pipsの変動
1ロット 100円 1,000円 10,000円
10ロット 1,000円 10,000円 100,000円
100ロット 10,000円 100,000円 1,000,000円

①.1ロットで取引をした場合

1pipsの変動で100円
10pipsの変動で1,000円
100pipsの変動で10,000円

の損益が発生するということになります。

②.10ロットで取引をした場合

1pipsの変動で1,000円
10pipsの変動で10,000円
100pipsの変動で100,000円

の損益が発生するということになります。

このように、ロットを増やせば増やすほど、
為替レートの変動によって生じる損益も大きくなります。

ここでは省略しますが、100ロットで取引をすると、
わずか1pips動いただけでも10,000円の損益が発生する
ということになるので、ロット数を上げるということは、
それだけハイリスクハイリターンになるということです。

3.証拠金

FXは、通貨を取引するものであり、その取引に要する資金を証拠金といいます。

FXにおける必要証拠金は、取引総代金の4%となっています。
例えば、80万円の取引総代金であれば、その4%(80万円×0.04)の
32,000円を自己資金として、取引を行うことができます。

4.マーチンゲール方式

マーチンゲール方式(法)とは、
簡単に言うと「負けたら賭け金を増やしていく」方法のことです。

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として愛されてきた方法です。

負けた段階で、賭け金を倍賭けしていくことで、勝った時に
利益をえられるというもの。

例 :
1回目 100円 負け 合計投資額 100円
2回目 200円 負け 合計投資額 300円
3回目 400円 負け 合計投資額 700円
4回目 800円 負け 合計投資額 1500円
5回目 1600円 勝ち 合計投資額 3100円 払戻し額 = 3200円 

→100円の利益が出ました!

勝った時の取り戻し額は大きいが、負け越した場合の損失も大きくなるため、

ギャンブル的要素が強いといえます。

5.ロジック

ロジックとは、英語で「logic]と書き、意味は(論理)となります。
論理とは、「思考の道筋」のことで、物事を整理分析しながら結論まで導くことです。
つまり、難しいこともわかりやすくシンプルにしていく過程こそが、
ロジックということになります。

簡単に言うと、「一定のルール」みたいなものです。

6.含み益・含み損とは

含み益・含み損という言葉にはどちらも、
「含み」という単語が含まれていますね。

一体、「含み」って何でしょう?
表面には出ないが、中に込められている意味や内容。

含み益 = を含んでいる状態
含み損 = を含んでいる状態

つまり、実際に売却するまでは額が確定することのない、
ある時点での潜在的な利益(または損失)額ということです。

ここで、株で具体例を出してみます!

「はっちゃんは、〇〇社の株に興味を持ったので、
株式投資を始めることにしました。

〇〇社の株は1株100円で、はっちゃんは5万円で500株を購入しました。」

含み益
はっちゃんが購入した〇〇社の株はその後値上がりして、
1株200円になりました。

はっちゃんは大喜び♪

※この時のはっちゃんが保有している株の価値は、

購入時:100円 × 500株 = 50,000円

値上がり時:200円 × 500株 = 100,000円

はっちゃが持っている資産価値は 5万円から10万円に!

 

〇〇社の株価上昇で、今後も株価が上がることを期待したはっちゃんは、
株を売って換金せずに
まだ保有することにしました。

この状況が、「5万円の利益が含まれている状態」
つまり、はっちゃんには5万円の「含み益」があるという状態になります。

その後、はっちゃんの気が変わって、
「もし株価が下落して株価が100円に戻ったらどうしよう…」

なんて不安に襲われて、、

すぐに株を売却した場合、

はっちゃんは5万円の「含み益」がある状態で、利益を確定させる行動
(利益確定)を取ったことになります。

 

含み損
逆に、株価が最初の購入時(1株=100円)よりも下落して、
価値が下がっている状態なら含み損となります。

ここで、株価がさらに下落することを懸念して株を売却することを
(損切り、またはロスカット)といいます。

 

まとめ

含み益:保有しているものの価値が購入時よりも値上がりし、
もしこの時点で売却すれば利益が出る状態

含み損:保有しているものの価値が購入時よりも値下がりし、
もしこの時点で売却すれば損失が確定する状態

なんとなくイメージすることはできましたか?

7.ナンピンとは

次は、ナンピンについてお話します。

私は料理が好きなので、
最初この言葉を見たときに、何かおいしそうな料理の名前かな?

なんてくだらない発想をしていました。笑

はい。
ナンピン(難平)は、漢字のとおり、
難(損失を意味する)を平らにすることが由来で、
損失の平均コストを下げることを意味しています。

FXの取引では、「これから値段が上がる」と思ってポジションを買ったものの、

自分の思いとは逆に値段が下がっていく場合もあります。

そんな時に、
ちょこちょこポジションを買い足して増やしていくトレード(取引)方法があり、
それを「ナンピントレード」
と言います。

それによって、損失分の平均コスト値が下がるため、
利益をでやすくすることができるのです。

※ポジションとは?

通貨を購入し、保有していること」

詳しくは、新規で買い注文または売り注文をおこない、
決済する前の状態で保有していること

では実際に、ナンピントレードとはどんなものなのか見てみましょう。

例えば、株式で言うと…

①.100円の株を100購入する。
100円 × 100株 = 10,000円 (1株は10,000 ÷ 100株 = 100円)

②.その後、予想に反して株価が下落し、80円に…
→80円に下落したので追加で100株買う

【ここが、ナンピントレード(ナンピン買い)
(100円 × 100株) + (80円 × 100株) = 18,000円
(1株は18,000 ÷ 200株 = 90円)

株の平均取得単価を「90円」まで下げることができました!
現在持っている株数は、「200株」になりました。

③.その後、株価が上昇して、95円に!
そこで、持っている200株の株を売却します。
95円 × 200株 = 19,000円

つまり、19,000円 – 18,000円 = 1,000円のプラス
このようにナンピンをすることで、1,000円の利益を出すことができました!

ナンピンは、平均取得単価を下げることによって逆行した場合でも
利益を出しやすい手法です。

しかし!当然にリスクもあります。

それは、ナンピン後も価格が下がり続けてしまう場合です。
購入したポジションが増えているため、それに比例して損失金額も増加しています。

以上のことからナンピンは、
平均取得単価を下げることで利益を出やすくすることができるが、
価格が下がり続ければ損失は増大していく。

まさに「諸刃の剣」のような手法といえます。

なので、裁量トレードや初心者向きではありません。

8.まとめ

今回はFXの基礎知識として、
自動売買システムでよく目にする用語について
お話してきました。

 

この記事が、少しでも役に立てたらとても嬉しいです。

今後も様々な、「価値のある情報」をアップしていきます。

その中で気になることがあれば、LINEで質問や相談も受け付けております!

是非、お友達登録お待ちしています。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加
また、LINEにご登録いただければ、他にもにもさまざまな
ビジネスの優良案件をご案内することもできます。
さらに、LINE限定での有益な情報や限定プレゼントも配信していますので、
この機会にぜひ登録してみてください!

9.おわりに

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しいとおもっています。

そのために、私自身も日々精進し、より良い情報を発信していけるよう努力して参ります!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!