FX

【初心者】VPSとは?他のサーバーとの違いや選び方のポイントを解説します。

こんにちは、はっちゃんです。

 

今回は、

VPSについてお話していきます。

 

VPSは1台の物理サーバー上にユーザーごとの

仮想環境を作成して提供するもので、

さまざまなメリットがあるため

注目度が高く、

いろいろな場面において利用が広がっています。

1.VPSってなに?

VPSとは

VPS(Virtual Private Server)の略で、

仮想サーバーを提供する

「仮想専用サーバーサービス」のことです。

契約者ごとに物理的なサーバーが1台ずつ

用意される「専用サーバー」と異なり、

1台の物理サーバーにインストールされた

OS(ホストOS)上に

各ユーザーごとの仮想サーバーを

割り当てます。

そして、

その仮想サーバーを自分専用のサーバー

として使用することができます。

 

VPSの仮想サーバーにはゲストOSが

インストールされているので、

使用するユーザーが管理者権限(root権限)

を持つことができます。

 

そのため思い通りに操作することが可能で、

自分の好きなOSやアプリをインストール

することができます。

【仮想サーバーってなに?】

仮想サーバーとは、1台のサーバー上で複数のオペレーションシステム(OS)を動かし、複数のサーバーとして運用する仕組みです。

サーバーを仮想化するメリットは、CPUやメモリなどのハードウェアリソースを分割して、複数のアプリケーションへ効率的に配分できることです。
それによりサーバーの設置台数を減らせるため、導入やリプレースのコストを抑えたい企業や、運用負担を軽減したい企業が積極的に採用しています。

2.VPSと他のサーバーとの違い

ここでは、

VPSと他のサーバーとの違いについて

お話します。

 

VPSと他のサーバーである

共有レンタルサーバー、

専用サーバー、

クラウドサーバー、

の特徴はそれぞれ次のとおりです。

①VPSと共有レンタルサーバー

最初にVPSと共有レンタルサーバーは

どういう違いがあるのかをご紹介します。

共有レンタルサーバーとは、

OS・DBシステム・HTTPサーバーが

インストールされている状態の物理サーバーを

複数のユーザーが一緒に使うサービスです。

VPS 共有レンタルサーバー
料金
手軽さ
自由度
他のユーザーの影響

上の表を詳しく説明すると、

料金は

共有レンタルサーバーの方が

サーバーを共有して使用するため、

安い料金で使用することができます。

 

手軽さは

共有レンタルサーバーに軍配です。

VPSは自分でメンテナンスする

必要がありますが、

共有レンタルサーバーは自分でメンテナンス

する必要がありません。

 

サーバー設定の自由度は

圧倒的にVPSの方が高いでしょう。

 

他のユーザーの影響としては

VPSの方が影響を受けにくいです。

VPSは仮想的に自分だけのサーバーを

持つことができるサービスです。

そのため他のユーザーがサーバーに対して

大きな負荷をかけたとしても、

影響は少なくなります。

 

対して、

レンタルサーバーは複数のユーザーが

同じサーバーを一緒に使うサービスです。

そのため、

誰かがサーバーに高負荷をかけた場合は

自分もレスポンスが遅くなったりといった

影響を受けてしまいます。

②VPSとクラウドサーバー

次にVPSとクラウドサーバーの違い

についてお話します。

クラウドサーバーとは

ユーザーごとに仮想サーバーがもらえるもので

構造的にはVPSと同じと思って良いでしょう。

-大きな違いはスペックの拡張機能-

VPSとクラウドーサーバーの大きな違いは

スペックの拡張にあります。

クラウドサーバーは

1時間単位、1日単位でサーバーの

スペック(CPUやメモリ、容量など)

を拡張することが可能です。

そのため、

アクセス増加によりサーバーの負担が高く

なってしまったなどの場合に

スペックを拡張することができます。

 

料金としては、

スペックの拡張ができる分

クラウドサーバーのほうが高いです。

また、

クラウドサーバーのほとんどは

従量料金設定を採用しているため、

拡張すればするだけ料金はかかってきます。

③VPSと専用サーバー

最後にVPSと専用サーバーの違いについて

お話します。

専用サーバーとは物理サーバーを

自分だけ独占して使えるというサービスです。

仮想的な専用サーバー(VPS)と

真の専用サーバー。

例えるなら、

VPSがマンションの一室、

専用サーバーは一戸建て

というようなイメージです。

 

料金は、

VPSの方が断然安くなります。

専用サーバーは自分専用のサーバーを持つため、

料金は高くなっています。

月額だと数万円の費用がかかることも。

3.VPSが注目される3つの理由

なぜVPSはそこまで注目され、

利用されているのか?

 

その理由は大きく分けて3つあります。

①コストが安い

VPSは物理機器の購入が必要ないため、

初期費用がかなり低く抑えられ、

減価償却コストも発生しません。

②パフォーマンスが良い

仮想的に専用サーバーを構成して

占有できるので、

パフォーマンスとしては良いです。

③自由度が高い

仮想の専用サーバーを占有できることから、

目的に合わせて自分の思い通りに

カスタマイズすることができます。

 

費用は安く抑えられ、

自由度も高くパフォーマンスも良い。

これは人気が出ている理由がわかりますね。

4.VPSのメリットとデメリット

VPSにはさまざまなメリットがありますが、

使い方によってはデメリットもあります。

それぞれを簡単に整理すると、

メリット デメリット
・他の利用者の影響を受けにくい ・インターネット環境が必要
・コストが安い ・専用サーバーほどパフォーマンスは良くない
・カスタマイズが自由にできる ・どんなソフトウェアでもインストールできるわけではない

VPSのメリットとしては、

コストが安く自由度が高い

ということでしょうか。

 

しかし、

VPSではインターネット接続環境が

必須であるため、

インターネット回線に障害が発生した場合は

サーバを利用できなくなってしまう

というデメリットもあります。

5.VPSの選び方

実際にVPSを使用するにあたって

どこに注目して選ぶのが良いのか。

そのポイントを具体的にお話します。

無料のお試し期間があるか

VPSの使いやすさや動作の快適さなどは

実際に使用してみないと分からないものです。

そのため、

無料で試用できる期間が設けられているのは

重要ポイントになります。

費用

費用はVPSを契約する際に

気がかりなポイントですね。

VPSの費用について検討するときは、

毎月支払う利用料金と別に初期導入費用が

かかる点に注意が必要です。

また、

利用料金は月額制のプラン、

1年分(12か月)をまとめて決済すると

月額料金より安くなる「年額プラン」を

用意しているサービスもあります。

利用料金はサーバのスペックによって

変わってきますので、

ご自身の目的に合ったプランを

選択していきましょう。

プラン以降のしやすさ

自分のブログやWebサービスへの

アクセス増加によって上位プランに

変更したいと思った時、

簡単にプラン変更ができないと面倒です。

そのため、

VPSを選ぶ際は容易に上位プランへ

移行することが可能かどうかも

大切なポイントになります。

 

仮想化技術の進歩やコンピューターの

処理能力向上によって、

今まで主流だった物理サーバー上に

仮想サーバーを設けて提供するというVPS。

 

現在ではビジネス利用にも耐えられる

高性能なものとなり、

従来の専用サーバーと比べて

コストが安く、

自由度やカスタマイズ性も高い

VPSの利用は今後もますます広がって

いくことでしょう。

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

今後も様々な、「価値のある情報」

アップしていきます。

その中で気になることがあれば、

LINEで質問や相談も受け付けております!

是非、お友達登録お待ちしています。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

また、LINEにご登録いただければ、

他にもにもさまざまな

ビジネスの優良案件をご案内することも

できます。

さらに、LINE限定での有益な情報

限定プレゼントも配信していますので、

この機会にぜひ登録してみてください!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!