マインドセット

意外と知らない?自分を成長させるために大切なこと

こんにちは!

はっちゃんです。

秋が深まってきましたが、

最近は少し暖かい日が続き、
いつもあっという間に過ぎる「秋」を
今年はしみじみと感じている、
今日この頃です。

さて今回は、
自分を高めるための知識として、


「自分を成長させるために大切なこと」


についてお話します。

1.「自分を成長させる」とは

いきなりですが、
あなたに1つ質問があります。

 

「あなたが人として成長するために必要なことは何だと思いますか?」

 

成長するために必要なことって、
なんとなく理解しているようで
実際考えてみると難しいと思います。

それは、
この答えは人によって違いますし、
さまざまな考え方があるからです。

なのであなたが考えた答えも、
成長するためにとても大切なことです。

しかし一つだけ、自分を成長させることが
できると多くの人が勘違いしやすい考え方
があります。

それは

成長 = インプット

という考え方です。

物事をインプットする時、

例えば
セミナーや勉強会等に参加し、
新しい知識や考え方を学んだり、
本や雑誌などを読み、
そこから新しい情報を得るなど、

自分とは違う考えや価値観に
出会うことで知識も増えたし、
成長できた!と思いやすいのですが、
実はそれは「成長した」とは言えないのです。

 

それはなぜなのか?

 

その理由は、
インプットしただけでは現状を
何一つ変えることができないからです。

新しい知識や情報を得るインプットは、
知識の引き出しが増え、
いろいろな考え方が身に付き、
物事の見方が変わったり、
視野が広くなるので
とても素晴らしいことです。

しかし、
このインプット作業だけでは、
どうしても自分を成長させることが
できない大きな要因があります。

それは、

「人は忘れやすい生き物である」

ということです。

あなたは、

「エビングハウスの忘却曲線」

というのを
聞いたことや見たことがありますか?

▼「エビングハウスの忘却曲線」参考サイト

 

これは、忘れるまでの時間と記憶の
関係を表したもので、ドイツの心理学者の
ヘルマン・エビングハウスという人が
提唱していたものです。

人の脳は1度勉強したことを

1時間後には56%忘れ、
1日後には74%、
さらに1週間後には77%、
1カ月後には79%を忘れる

とされています。

もちろんこれには個人差がありますが、
概ねこのように「時間が経つほど記憶は減る」
というのは事実です。

つまり、一生懸命インプットをして知識や
情報を得ても、悲しいことに忘れてしまう
のが私たち人なのです。
(忘れにくくする、記憶を定着させること
も可能ではありますが。)

2.「自分を成長させる」ための行動

では、
どうすれば人として
成長することができるのか?

ここでは成長するために
必要な行動についてお話します。

2-1.失敗を経験する

一つ目は、
行動し失敗を経験するということです。

例を挙げてみましょう。

例えば
子供の頃、初めて自転車に乗れた時
のことを思い出してみてください。

一人で乗れるようになるまで、
たくさん練習をした経験はありませんか?
最初はコロ付き(補助輪)で始まり、
段々とコロなしで乗れるようになった方
もいるでしょう。
練習している中で、転んでしまったり、
ケガをしたこともあったと思います。

私も子供の頃、自転車に乗りたての時に
坂道でスピードがつき過ぎ、
バランスを保てず転んで大怪我をした
記憶があります。

それでも諦めずに、
自転車を上手に乗りたい一心で、
そんな辛い思いや痛い思いを
たくさん経験して、最終的には何の補助もなく
一人で乗れるようになれたと思います。

これが、
成長なんですね。

このように、実際にチャレンジをすること、
そしてその過程で辛い・苦しい思いを経験する
ことで、人は多くのことを学んでいきます。
そして、その失敗を二度としないように
行動を変えていきます。

つまり、最初に行動を起こし、
そこで「失敗」を繰り返しながら
より良い方向に向けてさらに行動することで、
人は成長するのです。

生きていく中で、誰もが「失敗」を
経験します。そしてその失敗経験は、
辛いという感情として心に記憶されるので、
よく覚えているものです。

そのため、「失敗」はネガティブに
捉えられがちで、多くの人が失敗を恐れて
行動ができません。
しかし、それは大きな間違いです!

「失敗」はむしろ

自分を成長させるための大きなチャンスである

 

と捉えるべきです。

 

「失敗」は、
人を行動させるための大きな原動力です。
それは辛い思いをしないと、
人は本当の意味で行動しない生き物
だからです。

失敗をする

二度と辛い思いをしたくないと思うから
失敗を繰り返さないように行動する、
新しいことを試みる


成長につながる

この流れがとても大切なのです。

「こういう事が起きた、
じゃあこういう風に改善していこう」

というマインドを持つことは、
人を成長させる上でとても大切なことです。

失敗、辛い、苦しい・・・
そういう経験が人を次のステップへ
上げる糧となるんです!

2-2.インプットとアウトプット

2つ目は、
冒頭でお話した知識や情報をインプットする
ことについてお話します。

新しい知識や情報を得ること、
これは自分を成長させるために
大切なことの一つです。

しかし先ほどもお伝えしたように、
インプットだけで成長できると考え、
そこで終わらせてしまうことは
良くありません。

大切なのは、
インプットからさらに踏み込むことです。

つまり、得たもの(インプット)
さらに行動に移す(アウトプット)ことで、
それが「習慣」となって
身に付く(知識の定着)所まで
持っていけるかどうかということです。

ここで、また例を挙げてみます。

私はトレーニングが好きなので、
それを一例としてみます。笑

・トレーニングで筋肉をつけたい!
・ダイエットで痩せて理想のボディを
 手に入れたい!

そんな目標を達成するために
まずは知識をつけよう!ということで、
トレーニングやダイエット、
食事に関する本や雑誌を読む。

でも実際に体を動かさないで、
そのままやる気がなくなってしまう・・・

そんな経験、一度はありませんか?

これでは、いつまで経っても痩せないし、
筋肉はつかない。
理想のボディなんて夢のまた夢ですよね。

実際にトレーニングをして体を鍛える、
食事制限や栄養バランスを考えた
食事を採るなど、

実際に行動に起こすことで体は変化し、
結果が現れるものです。
そこには筋肉痛、食事制限による空腹など
辛い経験ももちろんあります。

しかし辛いことを糧にして努力することで、
最終的に理想のボディを
手に入れることができるなど

自分に良い結果として返ってきます。

これも、成長ですね!

インプット→アウトプット→習慣にする

この流れを身に付けると、
自分をさらに成長させることができます。

3.「自分を成長させる」ための心構え

ここでは、自分を成長させるための心構え
として大切なことをお話します。

3-1.素直さ

他人の意見を素直に聞き入れながら
真面目に取り組める人は、
外からの刺激を常に受けて
一気に成長することができます。

逆に自分の考えに固執し、
他人の意見やアドバイスを素直に聞けない人
は、独力で物事に取り組み、それでも
ある程度は成長できますが、いずれ
伸び悩んでしまいます。

このように、自分の力だけで進むのと、
外の刺激を成長材料としてどんどん吸収
していくのとでは、どちらがより成長できるか
は明らかですね。

3-2.行動・能力・思考のサイクルを回す

物事に取り組み、
そこで得た課題や改善点についてよく考え、


それを解決するための能力を身に付けるために
自分を鍛える、


そしてまた取り組む

という流れを繰り返します。
その中で、
必ず「振り返り」も行うようにします。

よく「PDCA」サイクルと呼ばれている
ものですね。

メリットとしては、

自分がやったことを事実として並べて、

「それはどういうことなのか?」
「何のためにやったのか?」

ということを自問自答することで
新たな気付きを得ることができます。

また、そのサイクルを習慣化していくことで、
早く自分の成長につなげることができます。

3-3.興味を持つという好奇心

世の中の出来事やニュースなど、
自分の身の回りで起こる事に
どれだけ興味を持つことができるか
どうかというのは、成長するための
重要な要素になります。

なぜなら興味を持つということは、
そのことについて自分なりに考えたり、
実際に自分で試してみたり行動を
起こすからです。

「なるほど。
だから、興味を持つことが大切なのか」

と、頭では理解できたとしても、
じゃあ早速いろんな物事に興味を持ちましょう!
と言われても、それはなかなか難しいですよね。

そこで物事に興味を持ち、
好奇心を養っていくためのコツ
を2つお教えします!

①物事に対して、「すごい!」「やばい!」
というような感想を声に出してみることです。

そうすることで、
それは何がすごいの?何がやばいの?
ということを自分で考えるようになり、
そこで物事に対して興味を持つことができます。

②物事に対して、
常に疑問符を持って接することです。

「これはどういうことだろう?」
「どうしてこうなるんだろう?」
「どうすれば良くなるだろう?」☜ポイント!

常に、なぜ?を投げかけながら物事と
接することで、興味を持って主体的に
取り組むことができます。

そしてここで大切なのは、
「☜ポイント」にあるように、
その疑問符を常に
ポジティブな方向で持ち続けるということです。

そうすると、
さらに物事への熱意や向上心が高まり、
どんどん自分を成長させることが
できるようになります。

4.まとめ

今回は、

自分を成長させるために大切なことについて、

お話してきました!
いくつか大切なポイントを挙げてきましたが、

そのなかでも、

・知識や情報を得たら、それを実際に使う、
 行動することで自分のものとして身に付けること

・自分とは違ういろいろな考えや意見を
 素直に受け入れること

・物事に対して、常になぜ?という気持ちを
 持ちながら接すること

これらは特に自分を大きく成長させる上で、
とても大切なことだといえます。

 

この記事をここまで読んでくれたあなたは、
自分を成長させることの
大切さをよく知ってもらえたのではないか
と思います。

今後も様々な、
「価値のある情報」をアップしていきます。

その中で気になることがあれば、
LINEで質問や相談も受け付けております!

是非、お友達登録お待ちしています。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

また、LINEにご登録いただければ、
他にもにもさまざまな
ビジネスの優良案件をご案内する
こともできます。
さらに、
LINE限定での有益な情報や限定プレゼント
も配信していますので、
この機会にぜひ登録してみてください!

5.おわりに

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、
これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しい
とおもっています。

そのために、
私自身も日々精進し、より良い情報を発信
をしていけるよう努力して参ります!

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!