情報レビュー

AMLアービトラージは詐欺なのか?出金停止や飛ぶ可能性を検証

こんにちは、はっちゃんです。

今回は、ネットビジネスの中でも何かと話題になっている
仮想通貨の投資案件についてリサーチしました。

はっちゃん
はっちゃん
それが、
「AMLアービトラージ
という投資案件です!

最近では、このご時世ということもあり、本業と別の収入の柱を持つために、
投資やネットビジネスに挑戦しようという方が増えてきているようです。

しかし実際に始めるとなると、たくさんの情報の中から、
信頼できる案件を見極め、取捨選択していかなければなりません

中には詐欺のような悪質案件も多く存在しているので、
気をつけたいところです。

最近でも、「出金制限」されたということで話題になった案件も取り上げました!

▼その検証記事が、コチラ。

あわせて読みたい
アルファロックはMLMで違法行為?ポンジスキーム?実態に迫る!こんにちは、はっちゃんです。 今回は、ネットビジネスの中でも何かと話題になっている 仮想通貨系の投資案件についてリサーチしました...

 

投資やネットビジネスはあくまで自己責任ではありますが、
悪質なものに引っかからないように、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

また、この記事を最後まで読んでくれた方には
素敵なプレゼントをご用意しています。

気になる内容は、後ほどお伝えします。
ぜひ最後まで見ていってください。

1.AMLアービトラージの概要

アービトラージ(裁量取引)とは、取引所の間で生じる仮想通貨の価格の差を
利用して利益を出す投資方法のことを指します。

つまり、仮想通貨の価格が安い取引所で通貨を購入し、
購入した所よりも価格が高い取引所で売ることで買った枚数と
価格差の分だけ利益を出すことができます。

・AMLって何?

Ascendancy Management Limited(AML社)の略称で、
大手取引所BinanceでMetriXと呼ばれる人工知能(AI)を利用して
アービトラージを行っている企業です。

対象の通貨ペアは、

・ビットコイン
・イーサリアム
・BNB(バイナンス独自通貨)
・USDT

上記の4つの通貨間で取引を行います。

これらの取引を行うことで日利1~3%、月利では12~20%の利益を得ることができ、
投資家から資金を集め一部を投資家へ還元するというシステムです。

また、紹介報酬制度もありますが、MLM案件である可能性もあります。

MLM(マルチレベルマーケティング)とは

連鎖販売取引とも呼ばれ、商品の購入者を販売員として起用し、
その販売員はさらに紹介報酬制度を利用して、
他の者を販売員として起用していきます。

これによって「多階層の販売員組織」を形成しながら、
商品の販売活動をおこなっていくことをいいます。

一般には「マルチ商法」や、商品の流通が伴わないような悪質な場合は
「ねずみ講」と呼ばれることもあります。

2.AMLアービトラージの資金管理は不安

AMLアービトラージは、Dappsと呼ばれるアプリケーションを利用して、
投資家の資金を管理しています。

AMLアービトラージでは投資家は自身の資金を運営元に預けることはしないため、
資金の絶対的な安全性が保たれるとあります。

その理由は、

・誰もが契約内容や運用状況が確認できるので透明性がある

・投資家から預かった資金はイーサリアムチェーン内の
スマートコントラクトの内容に従って管理されるため、破綻のリスクがない

ということからです。

しかし、この資金管理には注意が必要です。
他のアービトラージ案件では過去に同様の資金管理システムで、
出金出来ない理由を作って出金停止、
その後そのまま運営元が飛んでしまうという事案がが発生しているようです。

投資はあくまで自己責任ではありますが、必ずリスクがあるということも
理解しておく必要があります。

3.AMLアービトラージが危険な理由

AMLアービトラージには、現在飛んだと言われている「PGA(プランスゴールド)」や、
出金停止となっている「ジュビリーエース」と共通している以下のような点があります。

①投資プランによって収益上限などが異なる
②高い利回りが設定されている
③紹介報酬制度がある

このような条件のもとに投資が行われている案件は、ポンジスキーム
可能性が高く、今後出金停止などの可能性も考えられます。

ポンジスキームとは,

ポンジスキームとは「高配当」を謳い文句としてお金を集める詐欺の手法です。
この方法では新規顧客が預けたはずのお金を、
以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、
その利益を出資者に配当しているかのように装うもののことをいいます。
日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻します。

ポンジスキームはねずみ講とよく混同されますが、
ポンジスキームでは詐欺集団と既存顧客だけが得する仕組みなのに対して、

ねずみ講は上の階級だけが得をする”ピラミッド構造”なので両者は異なります。

 

また、運営元として同一の人物が関わっている可能性もあり(飛んだ案件の救済案件
として)、注意が必要です。

実際、AMLアービトラージでは日利1~3%、月利では12~20%の利益
という高配当条件が設定されていますが、それを実現するための利益を
どのように上げているのか、実績やシステムは公表されていません。

あわせて読みたい
【情報レビュー】プランスゴールド(PGA)は飛んだ?詐欺?徹底解説こんにちは、はっちゃんです。 今回は、仮想通貨アービトラージで有名なプランスゴールド(PGA)について 調査しました。 現...

4.紹介報酬制度で加害者に?

AMLアービトラージは先ほどお話したように、MLMという紹介制度を
導入しています。
そのため、あなたがAMLアービトラージで投資をすると決めて、
紹介報酬のために家族や友人に紹介をします。

そこで紹介者が違法な勧誘行為を行えば、当然罰則の対象となります。

また紹介した知人が投資によって資金を溶かしてしまうなど、
相手の人生を壊してしまう可能性もあります。

また今後、出金停止や飛んでしまうなど、投資金を取り戻せなくなった場合、
紹介した人との関係に亀裂が入ってしまうことも考えられます。

紹介報酬制度は、紹介数が多ければ多いほど、その報酬も大きくなります。
しかし目先の報酬に目がくらみ、危険な投資案件に加担してしまえば、
自分の人生や他人の人生も狂わせてしまう可能性があることも頭に入れて
おかなければもいけません。

5.AMLアービトラージの現状

現状ではツイッターなどSNSを見ると、運用や出金は行えているようです。

しかし油断してはいけません。
ジュビリーエースやPGA(プランスゴールド)など他のアービトラージ案件では、
最初は順調に運用、出金が可能だったものの、そのうちに出金停止
となっている前例があります。

もし、少しでも不安な状況が見えれば即出金するなど、
常に対策を取れるようにしておく必要はありそうです。

6.まとめ

今回は、AMLアービトラージについてお話してきました。

リサーチをすると、いろいろと怪しい部分が見えてきました。

・運用実績やシステムが不明
・資金管理に不安がある
・ポンジスキームの可能性がある

etc…

以上の理由をを踏まえ、私はAMLアービトラージはオススメしません。

この記事を読んでいただき、あなたには今一度冷静な判断を
していただければと思います。

もしあなたが、本当に信用できるビジネスで稼いで、
人生を変えたいと思うなら、

コツコツ努力を積み重ねることで、大きな資産構築ができる
私が実際に取り組んでいるネットビジネス
オススメします。

それは、FXの自動売買システムツールです。

現在、人数限定ではありますがツールの無料モニターを募集しており、
無料でお渡しすることができます。

詳細や実績は下記の専用ページにまとめてますので、
もし興味があればご覧になってみてください!

▼無料の自動売買システムの詳細、実績はこちら!

FX自動売買システムのご希望や、質問があればお気軽にメッセージをください。
その際には、

・簡単な自己紹介
・意気込み

を入れていただけるととてもうれしいです。

 

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

また、LINEにご登録いただければ、他にもにもさまざまな
ビジネスの優良案件をご案内することもできます。
さらに、LINE限定での有益な情報や限定プレゼントも配信していますので、
この機会にぜひ登録してみてください!

7.おわりに

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

私のページを見ていただいた方には、これをきっかけとして人生をより良いものにし、
自分の理想とする生活や人生を手にして欲しいとおもっています。

そのために、私自身も日々精進し、より良い情報を発信していけるよう努力して参ります!

 

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!