情報レビュー

【P2Pビジネス】ジュラシックファームは出金停止?飛ぶ可能性は?

こんにちは、はっちゃんです。

ここ最近、

投資案件として流行りだしたP2Pで、

登場している案件、

その名も「ジュラシックファーム」。

昨年末に、似たような案件の

「エクスカシーファーム」が出金停止になり、

【ファーム】と名の付くP2P案件は怪しい

雰囲気もありますが、

今回はどうなのかを検証していきたい

と思います。

1.ジュラシックファームとは

ジュラシックファームは

暗号通貨を使用し、

「恐竜」というデジタルアイテムを

他人と売買することで稼ぐことができる

マッチングプラットフォームです。

 

具体的には、

上記のような利率・保有期間の

異なるデジタルアイテム(キャラクター)

を抽選により、購入することができます。

購入後、一定の期間で購入金額に対して利率が

上乗せされ、売却できるようになります。

仕組みとしては、

(購入金額+利率)で売買することで

利益が出るというものです。

購入価格が高いほど相場も上がるため、

利益率はよくなります。

利益を出すまでの流れがわかりやすい、

購入できれば必ず利益が出る、

ことから人気を集めているようです。

 

ただ注意してほしいのは、

人気がある = 必ず稼げる

ということではありません。

マッチングプラットフォームとは、

例えばメルカリなど、個人間での取引を斡旋するシステムのことです。

 

 

2.ジュラシックファーム 3つのリスク

ジュラシックファームのような

P2Pプラットフォーム案件は、

高い利率設定によって、

リスクマネジメントを行えば

一時的に稼げる可能性は高い

と言われています。

 

しかし、

長期的な資産にはなりにくく、

最初は稼げたとしても

いずれ限界がきてしまう理由があります。

①売り手と買い手のバランスが崩れる

ジュラシックファームのようなP2P案件は、

継続的に運営させていくためには、

ユーザー数(購入者)の増加が必須です。

 

トレーディングカードには、

キャラクターごとに上限価格が

定められています。

そして上限価格に達したキャラクターは

分裂する(売り手が増える)仕組みがあり、

それによって価格を下げ、

価格インフレを防いでいきます。

 

カードの価格は必ず上がっていく仕組みと

なっているので、

必然的に分裂=売り手も増え続けていきます。

 

最初のうちは購入者と売却者のバランスは

保たれているので特に問題ありません。

しかし、

購入者(新規ユーザー)が増えずに

売却者だけが増え続けた場合、

どうなると思いますか?

おそらく正常な運営はできなくなります。

 

その対策として、

運営側がキャラクター数を減らす処置を施せば

それも回避出来ます。

しかし、

P2Pは個人間でキャラクターの売買を行うので、

アカウント作成時の登録料のみで運営している

運営側がそれぞれ個人の売買に対し、

そのような処置を取る予算があるとは言えません。

②特商法に基づく表記がない

ジュラシックファームには、

「特定商取引法に基づく表記」がありません。

今回のようなP2P案件では、

アカウントの作成や、初回登録手数料などが

発生するものもあり、

金銭トラブルや個人情報の漏洩などが発生する

リスクもあります。

そういったトラブルが起こった時に、

特商法の表記がないということは

全て参加者側の自己責任ということにも

なりかねません。

そのため、

参加をする際には運営側に事前確認を行うなど、

十分注意する必要があります。

③個人情報管理が適正にされない

ジュラシックファームは、

当選後のキャラクター購入として、

「即日取引・即日入金を行う」というルールが

設定されています。

取引が遅れた場合、

なんと取引相手に電話番号が晒され、

2回目でアカウントが凍結されます。

その他にも取引の都合上、

口座情報や本名が取引相手に公開される等、

プライバシーが守られない環境での

取引を行わなければならないようです。

ネット上に出た個人情報が

適正に管理されるのかは疑問でしかありません。

3.ジュラシックファームはポンジスキーム?

ジュラシックファームは、

高い利率で運用を行うことから、

「ポンジスキームによる資金の持ち逃げ狙い」

と言われています。

しかし、ジュラシックファームのシステムは

あくまで個人間の取引を斡旋する

マッチングプラットフォームのため、

運営者側がお金の流れに関与して

資金を持ち去るという可能性は低い

と思われます。

しかしながら特商法や個人情報の管理など、

様々なリスクがあることは事実です。

4.長期的な資産を作りたいなら

もしあなたがしっかりと稼ぎ続けたいと

考えているのなら、

その気持ちに私が応えます!

☝ZOOシステム利用者のリアルな声です。

 

直近1月の取引では、

・緊急事態宣言発令によるリスクを回避し、
 運用を開始(開始日を7日→
8日へ)

・要人発言前(パウエル発言)に全決済

・FOMC前に全決済を行い、月末はあえて休む
 
ことで利用者の精神的負担を減らす対応

以上のような取引を行った結果、

含み損、ポジションともに0で終了することが

できました。

☟ZOOシステムの詳細はこちら。

あわせて読みたい
【監視型システム】トレーダー監視で完全放置が実現!無料の「ZOO」登場。こんにちは、はっちゃんです。 私のブログにご訪問いただきまして、 ありがとうございます。 今回は新たに! 「完全...

 

そしてZOOシステムは、

リリース1ヶ月で参加者数が

トレーダー監視型システム日本一となりました!

本物のシステムは、

口コミや実績でしっかりと多くの人に

認められるんですね。

 

本物のシステムで、確実な資産作りに

興味があれば、LINEをお待ちしています!

友だち追加

さらに、LINE限定での有益な情報

限定プレゼントも配信していますので、

この機会にぜひ登録してみてください!

是非私と一緒に本物のシステムで、

投資の素晴らしさを体感しませんか?

 

                      LINE友達登録で、高性能EAシステム&スペシャル特典を無料プレゼント!!
☞こちらをクリック。
error: Content is protected !!